宙先案内人 高橋真理子

星空工房アルリシャ 代表

一般社団法人 星つむぎの村 共同代表(代表理事)

山梨県立大学、日大芸術学部、帝京科学大学 非常勤講師

つなぐ人フォーラム共同代表 

星空工房アルリシャ HP:http://alricha.net/index.php

北海道大学理学部、名古屋大学大学院宇宙理学専攻でオーロラの研究に携わる。多大なる影響を受けた写真家・表現者の星野道夫氏の突然の訃報に際し、いつかミュージアムをつくるという夢を思いだし、科学館で修行を積むことを決心。1997年に山梨県立科学館準備室に入り、翌年から科学館天文担当。プラネタリウムにおける解説、プラネタリウム番組制作、ワークショップの実施や市民コミュニティーの支援、全国的に広がった「星つむぎの歌」の企画など、「つなぐ」「つくる」「つたえる」をキーワードに、星を介して、様々な分野と人をつないでいる。制作したプラネタリウム番組は、小説・絵本・サウンドトラックCD・・とさまざまなメディアに進化したり、他館での上映もされている。 

 

2013年4月より独立。星空を「とどける」仕事に軸足を置き始める。最新スペースエンジンUNIVIEWの描く壮大な宇宙映像と音楽と語りが融合した「Space Fantasy Live」を学校や企業、ホールで行なう他、移動プラネタリウム、キャリア教育に関する講演、星・宇宙に関するイベント企画、番組制作、運営に関するコンサルタント、プラネタリウム職員研修などを行う。2014年からは、病院や施設に星を届ける「病院がプラネタリウム」を重点的に行っている。  作曲家・ピアニストの小林真人氏とともに行うSpace Fantasy LIVEなど、さまざまなアーティストとともに仕事することで、多面的な宇宙を見せている。  2016年からは、仲間とともに「星つむぎの村」を立ち上げ。「星を介して人と人をつなぎ、ともに幸せをつくる」場を構築している。  著書「人はなぜ星を見上げるのか―星と人をつなぐ仕事」(新日本出版)。08年人間力大賞・文部科学大臣賞受賞。13年日本博物館協会活動奨励賞受賞

鈴律(シンガーソングライター・絵描き)

自然と共に生きる彼女の歌と声は、どこか現実離れした響きと音色を持ち、聴いた人を森の中へつれていってくれるような不思議な感覚を生みだす

 

作詞作曲を手がけ、素直でシンプルな歌詞と心に響くメロディラインは子供たちを始め、幅広い年齢層にファンを作りだしている。絵描きとしても活躍し、各種イベントから教科書の挿絵まで幅広いフィールドで彼女の世界を表現している

 

Emit( singer songwriter )

仙台市出身のシンガーはなうたソングライター。

空、風、温度を感じるようなアコースティックサウンド、

透明感のある歌声と独特なハーモニー。聴いている人を様々な場所に連れて行ってくれる、物語のようなポップな楽曲も魅力的。

FirstCD『Starting Rain』では、全曲オリジナルの素敵な彼女の楽曲を、ピアノでサポートさせて頂いています。

EmitオフィシャルHP http://emits.syncl.jp/(CD購入も可能)

 

本山翔太(モトヤマショウタ)

透き通る柔らかな声、ファルセット、

胸がきゅーっとなるようなメロディーライン。

バラードからポップまで幅広い楽曲に一貫して流れる

「愛」 や「切なさ」は、聴く人を一瞬で彼の世界に引き付ける

強い魅力になっています。

本山翔太オフィシャルサイトhttp://www.motoyamashota.com(楽曲購入可)

農×食×芸術おととわ

写真家 広瀬和弘さんとのコラボレーション映像

おととわPV

nemupiano ねむぴあの

   好評発売中!!

  ★ご購入はこちら